上達のための秘訣 ハズせない6つのポイント

Pocket

まいどです。

 

この記事ではこれからウッドターニングを始める方、もっと上手くなりたいと考えている初心者~中級者に向けて上達のコツと効率的な習得の流れを紹介します。

 

1.固定を確実に

安全に作業するには、ワークの確実な固定が大前提です。

 

フェイスプレートは斜めに取り付けられていないか?ネジはしっかり効いているか?

可能な限りテールストック(芯押し)と回転センターを使っているか?クイルの締め込みは甘くないか?

つかみしろの形状は適切か?チャックに緩みはないか?

 

こういった点に常に注意を払い、安全な作業を心がけてください。

また、どうしたらより確実に固定できるか?という試行錯誤が作品の多様性やオリジナリティに寄与します。

 

 

2.適切な回転数で作業する

ウッドターニングでは基本的に、機械に振動が出てこない程度に高速側で作業した方が仕上がりが良く作業もスムーズです。
適切な回転数の目安としては、下記の式を参考にしてください。

7000~9000 ÷ ワークの直径(センチ)= 回転数

※計算式はあくまで目安です。片持ち加工の場合、ワーク高さが直径よりも長い場合、アンバランスなワークの場合などはさらに回転を落としてください。

 

3.とにかく刃を研ぐ(正しい形に研ぐ

どんなに高価な刃物であっても、研がなければ一時間を待たずに切れ止みます。
そしてどんなに技術があっても切れない刃物で良い仕上がりを得ることは出来ないし、刃物を力で押し当てるようになればそれはもう危険な状況です。教室では最低でも30分、出来れば15分に一回は研いでくださいとお伝えしています。

とにかく刃物の研ぎに神経質になってください。ウッドターニングの半分くらいは「刃物の研ぎ」だと言って過言ではないでしょう。

正しい形状・刃角を意識してこまめな研ぎを継続するのが上達への重要なキーポイントです。

 

4.ガウジを使いこなす(常にべベルラビングを意識する

確実なべベルラビングのもとでガウジが使えるようなれば、効率も仕上がりも飛躍的にアップします。
特に仕事でスピードと質を両立させたいなら使わない手はありません。

三次元曲面のべベルを正しく研ぎ、正しくべベルラビングさせて使うのには一定のハードルもありますが、ぜひ使いこなせるようになって頂きたい刃物です。

 

 

5.刃物仕上げにこだわっていく

3と4を意識しながら、刃物仕上げのクオリティを上げていってください。
サンディングも重要な要素ではありますが、刃物できれいに切れていないとその効果は発揮されません。

また蓋物やホゾ加工など、精度を求められる場合はなおさら刃物での仕上げが重要になります。

 

 

6.正しい知識を得る(教わる

上記のポイントをしっかりと押さえていくためには、やみくもに我流に頼らず正しい知識のもとでの実践が必要です。
書籍やDVDからの情報も有益ですが、やはり直接指導を受けられる教育機関や教室などを利用するのが確実かつ近道でしょう。

 

 

当スタジオでは木製品および加工機材のオーダーも承っています。
ご希望のものが市販品にないような場合、まずは下記フォーム・お電話にてぜひ一度お問い合わせください。
スタジオ代表・中島が誠意をもって対応させて頂きます。

スタジオのLINE@公式アカウントも開設しましたので、ぜひ登録お願いします。
LINE@限定のクーポンやセールのお知らせ、新製品の最速情報、小ネタなんかを配信しています。

↓このボタンをクリック↓
友だち追加

PCで閲覧中の方はこの↓QRをスマホで読み込んでください。

 

 

TEL:072-331-6077 (9:00-18:00)

入力内容の確認

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA